お薬とゴルフの事ならファイングループにお任せ!地域の皆様の健康づくりにご奉仕いたします。
プライバシーポリシー
 

   
 
 
認知症と水分摂取量の関係

 今日は認知症予防と水分摂取量の大切さについてお話します。

”人間の体は、子供で体重の75%、成人では60%、高齢者になると50%が水でできている。老化とは水を失っていく過程である。”

”認知症は脱水による意識障害が関係している。どの年齢でも、ほんの1~2%の水が欠乏しただけで、意識障害が起きる。体重50キロの高齢者で、250~500cc、ペットボトル1本分にも満たない水が不足しただけで、意識はおかしくなるのだ。”
出所:国際医療福祉大学大学院教授 竹内孝仁医学博士著

つまり、脳梗塞や心筋梗塞といった血管が詰まる病気は水不足も原因の一つだということです。


 それではどんな水がよいのでしょうか。

”水道水やミネラルウォーター、お茶に限定する必要はまったくない。コーヒー、紅茶、中国茶、牛乳、ココア、スポーツ飲料、サイダー、コーラ、ヤクルト・・・これらはすべて、水分補給に利用できる。アルコールは利尿作用があるため、水分補給にはならないと考えるべきだ。”

出所:「水をたくさん飲めば、ボケは寄り付かない」国際医療福祉大学大学院教授 竹内孝仁医学博士著

”水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルは、血液や血管、骨を維持するために欠かせない成分です。体の様々な代謝経路を働かせるために重要な補酵素としも働きます。”
特に硬水には認知症予防が期待できるカルシウムやマグネシウムを豊富に含みます。

アルコール以外なら、飲み物を限定する必要はないようです。

 

 どのくらいの量をいつ飲めばいいのでしょうか。

一日の水分排出量2500ccに対し、食事に含まれる水分量は1000cc程度。

残りの1500ccを補うようにしましょう。

”1日1.5リットルほどの水分を7~8回くらいに分けて飲むといいでしょう。特に、水分が失われやすい起床時、運動の前後、入浴の前後、就寝時は、水分補給を欠かさないようにしてください
 

 最後の質問です。温かいものと冷たいものだと、どちらがいいでしょうか。

”認知症患者と認知症ではない人の食事傾向調査の結果では、アルツハイマー型認知症では「冷たいものを好む」傾向が目立っていた。”
出所:浴風会病院 篠原恒樹医師らのグループの調査、「ぼけない技術」米山公啓医師著

いかがだったでしょうか。

私は、寒くなってきたので、温かい飲み物をとってみようと思いました。



2018年10月22日気になるカラダに効く話

 
シックデイ、糖尿病の方へ

引き続き糖尿病についての話をさせて頂きます。

今回はシックデイSick Dayについてです。

糖尿病の患者様で「シックデイに気を付けてください。」と言われることがあります。

血糖値のコントロールをしていて、風邪にかかったり、またはお腹をこわしたりすることがあります。そのような時は、血糖値が高くなることが多く脱水症状や「ケトアシドーシス」という状態になることがあります。「ケトアシドーシス」とは酸性血症と訳され、高血糖、高ケトン血症、代謝性アシドーシスになることです。このような調子が悪い状態をシックデイと呼びます。

風邪や腹痛などの病気にかかるとこれが身体へのストレスとなります。この時、病気に対処するためにストレスホルモンが分泌されます。そのストレスホルモンは血糖値を上げる作用があります。このため血糖値が高くなります。また病気の時はインスリンの分泌に悪影響を与えてあまり出なくなることがあります。そのため血糖値が高くなり、身体の抵抗力を奪って病気が悪化するという悪循環となります。また風邪の場合などは発熱や下痢で体の水分が減って血糖値が再度上がります。

また、その反対に病気で食事がとれず、低血糖症状の陥る場合もあります。

著しい高血糖、高熱が長引く、かなり体調がおかしいなど自覚症状があったら、主治医に連絡することをお勧めします。

 

シックデイルールを普段から考えておくことも大事です。

例えば、シックデイのような場合は

①安静にして休息する

②水分を十分取る

③食事がとれそうな場合は消化の良いものを摂る

などです。

ふだんインスリン注射をしている方はシックデイのとき勝手に注射を中止しないようにしましょう。また糖尿病のお薬を服用している場合も中止したほうがいい薬としないほうがいい薬があります。どちらにしても受診するなど必ず医師に相談をしてください。

 

日頃からシックデイのことを知って準備をしておくことがとても大切だと思います。



2018年09月22日気になるカラダに効く話

 
糖尿病を予防しよう!

糖尿病はインスリンが十分に働かないために、血中が高血糖状態になってしまう病気です。

インスリンとは、ブドウ糖をエネルギーとして使う時に必要なホルモンで、膵臓で作られています。食事をして血糖値が上がると、インスリンが分泌されて体の組織にブドウ糖が運ばれ、使われます。この作用によって血糖値は下がります。

 

 糖尿病の症状とは?                                                         

・喉が渇く                                                                           

・尿の量、回数が増える                                                  

・体がだるい、疲れやすいなど…                                      

 
また、血糖値が高いまま長い間放置していると、

合併症が起こる可能性が高まります。

合併症は、糖尿病腎症、糖尿病網膜症、糖尿病神経障害が

三大合併症としてあげられます。

 

糖尿病の中でも8割から9割以上を占めるのがⅡ型糖尿病です。

Ⅱ型糖尿病の原因は生活習慣と遺伝です。

Ⅱ型糖尿病の治療では、食事療法と運動療法が基本で血糖値が下がらない場合は、加えて薬物療法を行います。

 

【食事療法】

 

☆自分に合った適正な食事の量を把握することです。自身の標準体重を知っておきましょう。

☆炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素をバランスよく食べることです。食物繊維も積極的に摂りましょう。

☆規則正しくなるべく毎日同じ時間帯に1日3食を食べるようにします。間食をすると血糖値が下がり切る前に再び上がってしまい、膵臓に負担がかかります。膵臓に負担がかかるとインスリンが出づらくなってしまうことがあります。膵臓に負担をかけない食生活をしていくことが大切です。また、1日2食などに減らしてしまうと、食べ過ぎてしまう場合があるので、「規則正しく」を心掛けましょう。

☆急な血糖上昇を抑えるためには、                                               

炭水化物よりも先に野菜などの食物繊維を先に食べることです。

バランス良く、よく噛んでゆっくり食べましょう。

野菜から食べることやよく噛んでゆっくり食べることで、

満腹感を得られやすく、食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

 

【運動】

運動療法では有酸素運動、筋力トレーニング、ストレッチの3つを組み合わせることで効果がアップします。

有酸素運動とはウォーキングなどの全身運動です。脂肪を燃焼させ、体脂肪を減らします。ウォーキングでは30分以上が望ましいです。体力的にきついと感じるときは10分からでも大丈夫です。定期的に続けることが大切です。

筋力トレーニングは筋肉を増やす運動で、筋肉が増えると基礎代謝量がアップし、余分な脂肪がつきにくくなります。

ストレッチは日常生活の動作により疲れた筋肉をのばし、日頃の疲れを取り除きます。

 

 



2018年08月23日気になるカラダに効く話


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
 
  基本理念
  企業概要
  沿革
  アクセスマップ
  お問い合わせ
  リンク
 
  ファインファーマシーとは
  館林・邑楽エリア店舗
  太田エリア店舗
  前橋エリア店舗
  桐生・みどり市エリア店舗
  埼玉エリア店舗
  店舗紹介
  ネットショップ
  社内研修制度
  先輩方のメッセージ
  募集要項
  独立支援制度
  よくある質問
  ヴィラルーチェ
  ナインハイツ
  フェリストモ
  フレグランス
  店舗紹介
  ネットショップ
 
Copyright 2014 Fine Group. All Rights Reserved.