お薬とゴルフの事ならファイングループにお任せ!地域の皆様の健康づくりにご奉仕いたします。
プライバシーポリシー
 

   
 
 
ビタミンのお話

ビタミンには、水に溶ける水溶性ビタミンと、油脂に溶ける脂溶性ビタミンがあり、それぞれの性質から体への取り込まれ方や代謝に特徴があります。

水溶性ビタミンは尿などから体の外へ排泄されやすく、脂溶性ビタミンは体の中に蓄積されやすいものになります。

これをふまえておくと、水溶性ビタミンは少量を頻回とるとよいこと、脂溶性ビタミンは油といっしょにとると吸収がよくなるというポイントがわかります。

 

ただし、水溶性・脂溶性どちらのビタミンでも、とり過ぎによる弊害がでることがあります。そして、バランスよく摂る事が一番!
 

水溶性ビタミンについては色々なところでお話しや知識を共有していると思いますが。
今回は脂溶性ビタミン 
A,D,E,K について少し詳しくお話ししたいと思います。

脂溶性ビタミン DAKE(だけ)と覚えると、数多いビタミンの中で脂溶性なのはこの4つだけと覚えやすいかと思います。

今回この中から、医療機関から出される薬に対して関係深いビタミン2種類、ビタミンD、Kのお話をしたいと思います。


:魚介類、きのこ類、卵など・・多く含まれています。
  青魚であればEPAも一緒に摂取できます。
  だから魚は昔から摂ると良いと言われてきたのですね。

女性の方が割合多く、骨粗鬆症と診断されて内服されているビタミンがこれですね。カルシウムの吸収を促して骨を間接的に強くするビタミンになります。
こちらも食事で過剰に摂取することはないビタミンにはなります。

ただし、サプリメントを服用している方は注意してください。

これが体内から少なくなると・・:
カルシウムの吸収が不足して歯や骨が脆くなりやすくなり、ちょっとした事で骨折したり、ヒビが入ったりしてしまう事があります。


これを過剰に摂取すると・・・・:高カルシウム血症、腎障害など
               (腎臓に不安がある方は先生に相談してください。)

 

:通常の食生活の中で、過剰摂取で何かあったという事例がないビタミン、また少なくなるといった事もないビタミンになります。緑黄色野菜に多く含まれています。

  骨の構築に携わるビタミンになります。

  こちらのビタミンも整形外科で処方されることが割合多いものになります。

  緑黄色野菜に多く含まれているので、ワーファリンというお薬を内服している方であれば気になるビタミンではありますが、過剰とも思われるほどの摂取でなければ、他の方々と同じように摂取して頂いても大丈夫なものになります。

 

例えば、

 

納豆やホウレンソウなど多く含まれるということを良く耳にすると思いますが・・。

 

納豆を1日毎食時に1個ずつ食べても、問題ないとされています。

ただこれを1日毎食時などに1回3個とか4個とか、通常そんなに食べないかな~と思う量を食べてしまうと話は別になってしまいますので注意が必要です。

以上、ビタミンのお話しでした。

よろしかったら参考にしていただければと思います。

 



2018年05月09日気になるカラダに効く話

 
花粉症

花粉症の患者さんは年々増加しており、スギ花粉症の有病率は全国で20%を超えると報告されています。

日本ではこれまでに50種類以上の原因花粉が報告されていますが、花粉症の患者さんの約70%はスギ花粉が原因です。

 

2018年の花粉飛散予測は、東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。例年比でみると、関東甲信、近畿、九州地方では例年並みです。

スギ花粉のピークは、東京で3月上旬から4月上旬となり、多く飛ぶ期間が長いでしょう。

スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉のピークが始まります。東京では4月上旬から中旬の見込みです。

 

最近よく注目されている、ヨーグルト、乳酸菌剤ですが、一般医療機関を受診しているアレルギー性鼻炎患者さんの調査では、効果ありと判断されている方は30%以下だそうです。

漢方薬では 効果有50%、効果無35%、不明15%
甜茶では 効果有14%、効果無51%、不明35%
鼻スチーム療法では 効果有46%、効果無44%、不明10% でした。

 

自分でできる対策としては、できるだけ花粉を取り込まないようにすることが重要です。

花粉症用のマスクでは花粉が約1/花粉症用のめがねでは1/4程度に減少することが分かっています。

帰宅時は、衣服や髪をよく払ってから入室する。洗顔、うがいをして、鼻をかむ。

表面がけばけばした毛織物などのコートの使用は避ける。

通常の生活では、粘膜を傷つけるタバコは避け、規則正しい生活やバランスのとれた食事 が必要です。

 

 



2018年03月06日気になるカラダに効く話

 
お薬との相互作用

一般的にカルシウム拮抗薬と呼ばれる血圧のお薬にはグレープフルーツジュースに注意とされていることが多いです。

例えば、よく使用されているアムロジピンというお薬がありますが、グレープフルーツジュースと一緒に飲んだ場合、血中濃度は平均1.1倍くらい上昇するそうです。なので、グレープフルーツジュースを多量に摂取するのは控えたほうがよいでしょう。

また、あまりグレープフルーツジュースのことは言われない睡眠薬のトリアゾラムというお薬は、一緒に飲むと血中濃度が1.5倍になりピークの濃度は1時間も延長し、次の日に眠気などの影響が出ることもあります。

 

他によく言われるのがお薬とタバコの相互作用ですが、テオフィリンと呼ばれる気管支拡張剤はタバコの影響を受け、肝臓の酵素が誘導され、血中濃度が下がってしまいます。

また、オランザピンと呼ばれる抗精神病薬も同様に血中濃度が下がります。ここで、注意してほしいのは即座にタバコを止めるのではなく、しばらく同じタバコの量を維持してから、徐々に調節していくことです。タバコによって血中濃度が下がった状態からタバコを急激に止めてしまうと、逆にお薬の血中濃度が上がりすぎてしまうことがあります。

 

このように、他にもお薬と食べ物などとの相互作用は多々ありますので、お薬を服用している方は専門家に確認することが大切です。



2018年01月19日気になるカラダに効く話


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
 
  基本理念
  企業概要
  沿革
  アクセスマップ
  お問い合わせ
  リンク
 
  ファインファーマシーとは
  館林・邑楽エリア店舗
  太田エリア店舗
  前橋エリア店舗
  桐生・みどり市エリア店舗
  埼玉エリア店舗
  店舗紹介
  ネットショップ
  社内研修制度
  先輩方のメッセージ
  募集要項
  独立支援制度
  よくある質問
  ヴィラルーチェ
  ナインハイツ
  フェリストモ
  フレグランス
  店舗紹介
  ネットショップ
 
Copyright 2014 Fine Group. All Rights Reserved.