お薬とゴルフの事ならファイングループにお任せ!地域の皆様の健康づくりにご奉仕いたします。
プライバシーポリシー
 

   
 
 
実は危険な冬のお風呂場

 

christmas_wreath.png (483×481)christmas_wreath.png (483×481)christmas_wreath.png (483×481)christmas_wreath.png (483×481)christmas_wreath.png (483×481)

 

日々寒さが厳しくなりお風呂の暖かさが身に染みる時季になりました

 

この時期は、入浴中のトラブルが多いことはご存知でしょうか?

 

 

早速ですがいくつ当てはまりますか?

○年齢が65歳以上

○狭心症・心筋梗塞・脳出血・脳梗塞・高血圧・糖尿病の基礎疾患がある

○深夜の入浴、または1人で入浴することが多い

○飲酒後や食直後、血圧などの薬を飲んだ直後に入浴することがある

○42℃以上の熱いお風呂に、首までつかり長湯する

○寒い中での着替えを行っている

○浴室がタイル張りで窓がある

 

自身が持つ疾患や、生活環境など、1つ以上当てはまる方も多いのではないでしょうか?

 

 

実は1つでも当てはまる場合、

今回のポイントを是非実践していただければと思います。

 

 

 

冬になると居間に比べ、脱衣所や浴室は10℃以上の温度差になることが多々あります。

 

 

 

このような温度環境下で入浴する場合、

 

●暖かい居間から寒い脱衣所や浴室への移動

●浴室から熱い湯船への移動

 

このような些細な動きのなかで、

カラダでは急激な温度変化が短時間のうちに生じています。

 

 

その結果、血圧の急激な上昇や下降(ヒートショック)が

起こる危険があります。

 

 

このヒートショックと呼ばれる現象は

以下のようなメカニズムで起こります。

 

居間から脱衣所で着替えているとき

●体の表面から熱が逃げないように血管を収縮

●体を震わせて熱を発生

→血圧や脈拍が上がる。

 

そこから熱いお湯に入った時

●熱い刺激で一時的に血圧は上昇

 

体が温まり始めると

●血管は拡張

→急激に血圧は低下

 

この血圧の急激な変化(乱高下)が気を付けるべきポイントです!

 

 

高血圧や糖尿病、脂質異常症など、動脈硬化が進行した高齢者では、血圧の上昇で心筋梗塞の発作や脳梗塞、脳出血などの症状が

引き起こされる危険があります。

 

また血圧の低下により意識を失うことで溺れてしまうケースもあります。

 

ただし、危険は未然に防ぐことができます! 

 

 

 

対処方法

入浴前に熱いシャワーやお湯を浴室内に撒き、脱衣所や浴室を暖めておく

→カラダの温度差を少なくして血圧の急な変化をおさえる目的なので、やけどに注意!!

 

●入浴は40度未満のぬるめのお湯に入り、長湯を避ける。

●冷え込む深夜ではなく早めの時間に入浴するように心がける。

 

 

以上を気を付けて寒い冬を乗り切りましょう!

christmas_wreath.png (483×481)christmas_wreath.png (483×481)christmas_wreath.png (483×481)christmas_wreath.png (483×481)christmas_wreath.png (483×481)

 



2014年12月05日気になるカラダに効く話

 
新しい睡眠薬と寝つきをよくする工夫

 

季節の変わり目や気温の変化など、

環境の変化は不眠の原因となることがあります。

 

 

不眠には大きく分けると2つのタイプがあります。

 

 

 

●入眠障害

寝付くまでに時間のかかる不眠です。

 

●中途覚醒・早朝覚醒

寝ている途中で目が覚めてしまい、その後なかなか寝付けなくなる不眠です。

 

 

 

 

現在不眠に使用されるお薬は

 

●ベンゾジアゼピン系(レンドルミン・ハルシオンなど)

●非ベンゾジアゼピン系(マイスリー・ルネスタなど)

●メラトニン製剤(ロゼレム)

 

他にも多数ありますが、以上が主に処方されているお薬です。

 

睡眠薬は、使い方によって耐性や依存性を形成することもあり、

使用は医師の処方により慎重に行われています。

 

 

 

 

 

しかし今年中には依存性がないと言われている新しいタイプの睡眠薬

 

『オレキシン受容体拮抗薬』のお薬が発売予定となっています。

 

オレキシンとは脳内で覚醒・睡眠に関与している物質で、

 

簡単にまとめると

 

 

オレキシン

多い →覚醒状態(眠れなくなる)

少ない→眠くなる

 

 

オレキシンの働きを抑えることで睡眠のトラブルを改善するという今までにない作用となっており、臨床試験の結果では、入眠障害・中途覚醒ともに効果があったようです。

 

 

耐性や依存の可能性もほとんどないと言われております。

 

 

1つ心配されていたナルコレプシー様症状は、オレキシンの作用を低下させても誘発されることはなかったようです。

 

●ナルコレプシー

場所を問わず睡眠に入ってしまう疾患で、オレキシン不足が原因とされている

 

 

 

 

 

 

一見いいことだらけのように見えますが、

薬には必ずメリット・デメリットがあります。

また不眠の原因は様々ですが、生活サイクルの乱れや飲酒など、

原因がある不眠に関してはその原因を取り除くことが根本治療となります。

 

 

 

 

ぐっすり眠れるようなコツは様々あると思いますが、

 

●入浴は夜に済ませる

 →熱いお湯だと脳が覚醒状態になってしまうので、ぬるめのお風呂でリラックス

 

●睡眠前に携帯電話・スマホをいじるのは控える

→液晶のライトが入眠を妨げる原因になります

 

●カフェインを控える

 →コーヒー・緑茶には多く含まれているので、ホットミルクなどがおすすめ

 

●アルコールは摂りすぎない

 →寝つきはよくなるが、アルコールが体の中で代謝される際に作られる物質が

   睡眠を妨げるため。また、尿意で中途覚醒してしまうことがある。

 

●寝たばこを控える

 →たばこを吸うと脳がリラックスできない状態になり、寝つきが悪くなる

 

 

 

 

色々コツはありますが、

自分に合ったものを試してよい睡眠を見つけてください!



2014年11月07日気になるカラダに効く話

 
秋の花粉症

 

9月~10月にかけての秋は、

イネ科や、雑草類などの花粉が飛散する時期です。

この花粉が原因でアレルギー性鼻炎などを引き起こす花粉症は、

スギ・ヒノキ花粉の飛散時期である春についで、

秋に多く発症するといわれています。

秋の花粉症の原因で代表的なものは以下のものになります。

 

 

 

①ブタクサ(豚草)

キク科・一年草。飛散時期は8月~10月。

高さ1mくらいの雌雄同株の風媒花で、

野原や道端など全国的に見ることができる。

日本ではスギ、ヒノキについで花粉症患者が多いとされている。

アメリカではこのブタクサによる花粉症の患者がいちばん多く、

人口の約5%~15%の人が悩まされているとのデータがあります。

明治以降に渡来した後に日本全国に広がりました。

日本で初めて花粉症と診断されたのは、

スギではなくブタクサによる花粉症と言われています。

 

 

 

②ヨモギ(蓬)

キク科・一年草。別名で餅草とも呼ばれます。

飛散時期は8月~10月。

夏から秋にかけて、茎が伸び、目立たない花を咲かせる。

全国いたるところで見ることができる。

秋の花粉症ではブタクサについで多い。

薬効は止血、健胃、止瀉作用があり、

お灸で使うもぐさは、

葉の裏にある綿毛を使ったもので幅広く使用用途があります。

天ぷら汁物、餅に混ぜるなどの

食用としてもふだんから馴染みの深い草です。

 

 

③カナムグラ(鉄葎)

アサ科・一年草。飛散時期は8月~10月。

道端や野原などの日あたりの良い場所などで見ることができる。

雌雄異株のつる植物で茎から葉にとげがあり、木や電柱等に絡みつく。

非常に繁殖力が強く群生するので

1か所の繁殖地から大量の花粉を飛散させます。

健胃、利尿、解熱作用があり、民間薬として利用されることもあります。

 

 

 

ブタクサは薬効もなく利用方法もないので厄介者の一言につきます。

ヨモギ、カナムグラは薬効がありますが、

秋の花粉症があるかたはもしかしたらアレルギー反応を起こす可能性があるので口にしないで下さい。



2014年10月04日気になるカラダに効く話


5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13
 
  基本理念
  企業概要
  沿革
  アクセスマップ
  お問い合わせ
  リンク
 
  ファインファーマシーとは
  館林・邑楽エリア店舗
  太田エリア店舗
  前橋エリア店舗
  桐生・みどり市エリア店舗
  埼玉エリア店舗
  店舗紹介
  ネットショップ
  社内研修制度
  先輩方のメッセージ
  募集要項
  独立支援制度
  よくある質問
  ヴィラルーチェ
  ナインハイツ
  フェリストモ
  フレグランス
  店舗紹介
  ネットショップ
 
Copyright 2014 Fine Group. All Rights Reserved.