お薬とゴルフの事ならファイングループにお任せ!地域の皆様の健康づくりにご奉仕いたします。
プライバシーポリシー
 

 
2019年10月(1)
2019年09月(1)
2019年08月(1)
2019年07月(1)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年03月(2)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(3)
2018年10月(2)
2018年09月(2)
2018年08月(3)
2018年07月(3)
2018年06月(2)
2018年05月(2)
2018年04月(4)
2018年03月(3)
2018年02月(3)
2018年01月(5)
2017年12月(6)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(4)
2017年08月(2)
2017年07月(3)
2017年06月(6)
2017年05月(5)
2017年04月(10)
2017年03月(19)
2017年02月(2)
2017年01月(1)
2016年12月(3)
2016年11月(1)
2016年10月(3)
2016年09月(2)
2016年08月(3)
2016年07月(0)
2016年06月(1)
2016年05月(1)
2016年04月(0)
2016年03月(2)
2016年02月(0)
2016年01月(0)
2015年12月(0)
2015年11月(1)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年08月(0)
2015年07月(2)
2015年06月(2)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(1)
2015年02月(2)
2015年01月(1)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年10月(4)
2014年09月(5)
2014年08月(7)
2014年07月(37)
 
 
 
神奈川県に新店が2店舗オープンしました!
平素は格別のご愛顧をいただき厚くお礼申し上げます。
さて、このたび12月1日付におきまして アーク薬局、及びアーク薬局センター店がオープン
することとなりました。
 
場所は、
神奈川県平塚市宮の前5-19ロアールハイツ1階(アーク薬局
神奈川県平塚市宮の前3-13けいあいビルディング平塚103(アーク薬局センター店)です。

今度ともファインファーマシーを宜しくお願い致します。


2018年11月28日お知らせ

 
エクオールとは~女性ホルモンの変化がもたらす症状とエクオールの効果~

〇エクオールとは

 豆腐や納豆、味噌など、大豆製品には大豆イソフラボンが含まれています。この大豆イソフラボンの一種に分類されるダイゼインという物質が、人の身体に住んでいる腸内細菌によって化学反応を起こして作られるのがエクオールです。

〇エクオールの作用と更年期障害

 閉経を迎えた女性は急激にエストロゲンの分泌量が低下し、これが原因となり自律神経の乱れなど、様々な不調が起こります。これが更年期症状です。また、更年期とは主に閉経を迎える前後10年間を指します。更年期症状によって引き起こされる主な症状は、頭痛や眩暈、食欲不振、月経異常、のぼせ、ほてり、関節痛、ドライアイ、ドライマウスなど全身の様々な部位に起こり、個人差もあり多種多様です。またその他にもエストロゲンの低下は、骨密度の低下を引き起こし、進行すると骨粗鬆症となるなど、多方面で影響を及ぼします。

 エクオールはこのエストロゲンと類似した構造をしており、体内でエストロゲンと類似した作用を発揮します。エクオールには抗酸化作用や、女性ホルモンであるエストロゲンのバランスを整える効果があり、ほてりや肩凝りといった更年期症状の症状緩和や、骨量の減少抑制効果が期待できます。その他にも、加齢によるシワ、たるみも改善が期待できるという報告もあります。

〇エクオールを作れる人と作れない人

 エクオールを産生する腸内細菌は、全ての人の腸に存在するわけではありません。日本や中国など、大豆を食べる習慣ある国でも、およそ50%と言われています。また食生活や体調の変化などにより腸内環境が変化することで、エクオールを産生できなくなる場合もあります。自分がエクオールを作れるかどうかは、市販の尿検査で知ることができ、インターネットで購入できる簡易キットもあります。

 また、大豆製品からエクオールを作れない人には、健康食品としてエクオールを含む商品が販売されています。こちらも薬局やインターネットにて購入ができます。エクオールなどの健康食品について詳しく知りたい方や、エクオールについて疑問に思うことがあれば、ぜひ近隣の薬局で薬剤師に相談してみて下さい。



2018年11月22日気になるカラダに効く話

 
薬剤師の実体験

最近寒くなってきまして当薬局でも咳こむ患者様が多くいらっしゃるようになりました。

自身も体調には気を付けたいと思っている頃頃です。                         

たまに薬剤師さんは風邪ひかないんですかと聞かれるので、体調を崩してしまった時のことを書こうと思います。

私は東京からこちらへ越してきた時に、環境の変化のためか聞きなれない病気にかかったことがあるので、今日はそのことについて紹介します。

【インフルエンザかと思ったけど違った】

当時はインフルエンザの流行り始めた今頃の季節でした。

仕事中、急に熱が上がり、倦怠感に苦しみました。

インフルエンザかと思い、すぐに病院でインフルエンザの検査をしたのですが、陰性でした。その時は薬を吸入していったのですが、翌日になって顔が腫れ、おかしいなと思い、

近くの内科にかかると、「これは皮膚科だね」と言われ、

抗生物質をその病院と皮膚科で継続服用して完治しました。

これが私の実体験です。

 

調べてみると、

【丹毒(たんどく)とは】

簡単にまとめると、

A群β溶血性連鎖球菌(溶連菌が原因菌の80%を占め、

小さな傷口など、皮膚のバリア機能が低下した箇所から、皮膚の赤い浮腫みや痛みを示す。

また、発熱、悪寒、倦怠感、吐き気といった全身症状を併発する。

感染に弱い新生児や乳幼児、高齢者に丹毒をみることが多い。

 

どうでしょうか。全身症状はインフルエンザと少し似てるでしょうか。

自分の原因は親知らずによる口の中の傷が原因だったのですが、これは皮膚科だと判断された医師はすごいですねblush

                 



2018年11月09日スタッフブログ


 
  基本理念
  企業概要
  沿革
  アクセスマップ
  お問い合わせ
  リンク
 
  ファインファーマシーとは
  館林・邑楽エリア店舗
  太田エリア店舗
  前橋エリア店舗
  桐生・みどり市エリア店舗
  埼玉エリア店舗
  店舗紹介
  ネットショップ
  社内研修制度
  先輩方のメッセージ
  募集要項
  独立支援制度
  よくある質問
  ヴィラルーチェ
  ナインハイツ
  フェリストモ
  フレグランス
  店舗紹介
  ネットショップ
 
Copyright 2014 Fine Group. All Rights Reserved.