お薬とゴルフの事ならファイングループにお任せ!地域の皆様の健康づくりにご奉仕いたします。
プライバシーポリシー
 

   
 
 
粉薬の飲み方

北成島店です。

今回は、粉薬の飲み方について説明します。

北成島店は小児科の門前ということで多種多様な粉薬がお子様の「病気を治すお手伝い」をしています。

昔と比べて苦みが少なく飲みやすい薬が沢山出ていますが、小さなお子様にとっては「美味しくない」と感じることがしばしば…

そのため、お母様から「お薬をきちんと飲ませたい」という相談をよく伺います。

北成島店では処方されたお薬と相性の良い食べ物や飲み物を書面もしくは口頭でお伝えしています。以下の食べ物や飲み物は一例となりますが、今後の参考にして下さい。

 

基本的には他のものに混ぜないで、そのまま与える習慣をつけることが望ましいです。

しかしながら、どうしても飲みたがらない場合は牛乳やプリン、アイスクリーム(チョコアイスクリームがオススメです)などの乳製品に混ぜると苦みが和らぎます。乳製品にアレルギーがあるお子様には、麦茶やウーロン茶等のお茶を活用するのも一つの手です。

また、スポーツドリンクやフルーツジュース、乳酸菌飲料に混ぜて服用するのも美味しく感じるように思われますが、お薬によってはかえって苦くなることがあるのでご注意下さい。











 

上記に挙げたものは全てのお薬の苦みを和らげるものではありません。
また、お薬によっては食べ物や飲み物と混ぜることで効果が半減してしまうものがあるので安易に混ぜないようにして下さい。
「この薬とこの飲み物の相性は大丈夫かしら?」と気になることがありましたら、お気軽にご相談ください!!

 



2018年08月10日スタッフブログ

 
Q:血圧が安定しているので、薬は調節して服用しても良いのでしょうか?

A:お薬の服用をもって安定しているのでご自身の判断で調節するのは良くありません。一時的でも急激に血圧が上がると、脳や心臓の血管に大きな負担がかかります。血圧が下がりすぎて、めまいやふらつきがあるようでしたら、医師や薬剤師にご相談ください。

 



2018年08月03日薬局Q&A

 
帯状疱疹

帯状疱疹は他人から感染するのではなく、以前罹患した水疱瘡(水痘)ウィルスが原因でおこります。
子供の頃などに水疱瘡
(水痘)を発症したことがある人は、体の中にウィルスが残っており、これが何らかの要因で再活性化した時に発症するのが帯状疱疹です。


この水疱瘡(水痘)ウィルスは水疱瘡(水痘)に初めてかかった時に、発疹(皮疹)から神経を通って、後根神経節といわれる部分に潜伏します。そのため、水疱瘡(水痘)ウィルスは水疱瘡にかかったことがある人なら誰でもが持っているものです。

水疱瘡
(水痘)も帯状疱疹も同じウィルスが活性化することで発症しますが、1度目の発症を水疱瘡(水痘)と呼び、2度目の発症を帯状疱疹と呼びます。


帯状疱疹を発症させる要因には、加齢、疲労、ストレス、悪性腫瘍、重症な感染症、放射線や紫外線の暴露、免疫抑制剤や抗がん剤を使用したことによる免疫力の低下などがあります。


帯状疱疹を発症した時は、体の中でしっかりと抗体が作られるため、直後に再発することはほぼありません。ただし、数年が経過し加齢や疲労ストレスによって免疫力が低下すると再び水疱瘡(水痘)ウィルスの増殖力が強くなることがあります。
すると再び水疱瘡
(水痘)ウィルスが神経の走行に沿ってどんどん増殖を始め、帯状疱疹が再発することもあります。

 

帯状疱疹は、神経の走行に沿って帯状に赤い発疹と水ぶくれが発現し、痛みやかゆみが現れます。発疹や水ぶくれは左右どちらかの半身に出現するのが特徴です。

水ぶくれは破れてびらんとなり、かさぶたを付着するようになります。水疱瘡にかかったことのない乳幼児には水疱瘡として感染することがありますので、
帯状疱疹の発疹を触った手で他人を触らないようにしましょう。

 



2018年07月26日気になるカラダに効く話


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
 
  基本理念
  企業概要
  沿革
  アクセスマップ
  お問い合わせ
  リンク
 
  ファインファーマシーとは
  館林・邑楽エリア店舗
  太田エリア店舗
  前橋エリア店舗
  桐生・みどり市エリア店舗
  埼玉エリア店舗
  店舗紹介
  ネットショップ
  社内研修制度
  先輩方のメッセージ
  募集要項
  独立支援制度
  よくある質問
  ヴィラルーチェ
  ナインハイツ
  フェリストモ
  フレグランス
  店舗紹介
  ネットショップ
 
Copyright 2014 Fine Group. All Rights Reserved.