お薬とゴルフの事ならファイングループにお任せ!地域の皆様の健康づくりにご奉仕いたします。
プライバシーポリシー
 

 
2019年12月(1)
2019年11月(2)
2019年10月(2)
2019年09月(1)
2019年08月(1)
2019年07月(1)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年03月(2)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(3)
2018年10月(2)
2018年09月(2)
2018年08月(3)
2018年07月(3)
2018年06月(2)
2018年05月(2)
2018年04月(4)
2018年03月(3)
2018年02月(3)
2018年01月(5)
2017年12月(6)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(4)
2017年08月(2)
2017年07月(3)
2017年06月(6)
2017年05月(5)
2017年04月(10)
2017年03月(19)
2017年02月(2)
2017年01月(1)
2016年12月(3)
2016年11月(1)
2016年10月(3)
2016年09月(2)
2016年08月(3)
2016年07月(0)
2016年06月(1)
2016年05月(1)
2016年04月(0)
2016年03月(2)
2016年02月(0)
2016年01月(0)
2015年12月(0)
2015年11月(1)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年08月(0)
2015年07月(2)
2015年06月(2)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(1)
2015年02月(2)
2015年01月(1)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年10月(4)
2014年09月(5)
2014年08月(7)
2014年07月(37)
 
 
 
片頭痛について

大間々店です。

近頃は寒さも増してきました。寒くなると出てくる症状に「頭痛」があります。

今回は、気温に関係する「片頭痛」についてご紹介します。

片頭痛では、脈に合わせてズキンズキンと痛み、頭の片側に限らず、両側や後頭部にも痛みを生じる場合があり、肩こりや吐き気も伴う人もいます。

片頭痛には前兆を伴う場合があり、目の前にギザギザ・キラキラした光を見ることがあります。前兆から10分程した辺りから頭痛が始まることが多いです。

片頭痛で気温が関係してくるのは、寒い外から暖かい部屋へ移動した時や暖かいお風呂に入った場合などです。

寒さで縮まっていた血管が暖かさにより広がり、血管の周りの神経を圧迫するために痛みが生じます。

なので、片頭痛を和らげるには、頭を冷やすことです。痛む箇所に保冷剤をタオルで巻いたものを当てましょう。寒暖差を少なくすることも重要で、できるだけ外出する際は、暖かい服装をしましょう。

同じ頭痛でも「緊張型頭痛」の場合は、冷やすと逆効果になるので注意が必要です。

片頭痛時は、音・光・匂いに敏感になります。暗い静かな部屋で横になると楽になる場合があります。

また他の原因としてストレスや気圧の変化、食品などが挙げられます。

台風の多い時期は気圧が下がり、血管が拡張してしまいますので、頭痛を生じます。

                                  

食品では、アルコールやチーズ、チョコレートなどが片頭痛を誘発します。

コーヒーにはカフェインが含まれていますが、カフェインは血管を収縮させる働きがあり、片頭痛時には症状を緩和してくれますが、飲み過ぎると悪化することがあるので注意が必要です。

以上、片頭痛についてのご紹介でした。

片頭痛の予防に役立ててくだされば幸いです。

 



2019年01月24日気になるカラダに効く話

 
トランス脂肪酸のはなし

 トランス脂肪酸とは天然にできるものと油脂の加工・精製時にできるものがあります。

  1. 牛や羊など動物中の微生物の働きによって生まれる微量なトランス脂肪酸
  2. 植物油、魚油などを加工する際に水素添加して硬化させる過程で生じるトランス脂肪酸

 1に関しては微量で影響が少ないため今回は2について話を進めます。

 身近なところではマーガリンやショートニング、ファットスプレッドに多く含まれる油脂のことで、パン・ケーキ・ドーナツ・スナック菓子・市販のコロッケやポテトフライの揚げ油などに広く使われています。

 これらを一定量摂取すると、LDLコレステロール(いわゆる悪玉)が増えてHDLコレステロール(善玉)が減る、これにより心臓病のリスクが高まるというのです。

 アメリカでは2018.6からトランス脂肪酸の使用が経過措置→全面禁止になりました。スーパーに並ぶ商品にも、レストランで食べる食事にもトランス脂肪酸は使ってはいけないことになっています。そしてカナダでも2018.9から禁止になっています。

 では日本はどうでしょうか?現段階ではトランス脂肪酸の規制は行われていませんし、使用している場合でも表示義務はありません。普通、海外のほうが規制が緩くて日本のほうが厳しいイメージだったのでなんだか意外じゃありませんか?これでは自分で気を付けるしかありません。

 WHO(世界保健機構)によると、トランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー摂取量の1%未満に抑えるように勧告しています。日本人のトランス脂肪酸の平均摂取量は0.3%と推計されており、通常の食生活では健康への影響は少ないとしています。(内閣府・食品安全委員会) ちなみに2000~02年のアメリカ人1人当たりの摂取量は2.2%でした。

 おそらくトランス脂肪酸の摂取量自体が低いことと、日本人は諸外国に比べ魚を多く食べていることなどからそれほど心疾患のリスクも高くなく、よって規制にも至ってないのではないかと思います。

 しかし2016年の厚生労働省の調査によると、日本人成人男性の約30%、成人女性の約40%が目標の範囲を超えてトランス脂肪酸を摂取していることが明らかになっています。女性のほうが摂取量が多いのは、パンケーキに大量のホイップクリームやコーヒーショップでのホイップクリームトッピングなど女性が好むスイーツに脂質が多いからでしょうか。

 今はまだ規制も表示義務もありませんが健康に良くないことは明らかなので、消費者庁は食品メーカーに対してトランス脂肪酸に関する情報を自主的に開示するよう要請しており、一部メーカーがトランス脂肪酸の使用を制限している動きもあります。加工食品や外食など、日本ではトランス脂肪酸を100%避けることは無理かもしれませんが、せめて自宅ではマーガリンの使用を避けるなど消費者が自主的に考えていくことが大切だと思います。



2019年01月10日気になるカラダに効く話


 
  基本理念
  企業概要
  沿革
  アクセスマップ
  お問い合わせ
  リンク
 
  ファインファーマシーとは
  館林・邑楽エリア店舗
  太田エリア店舗
  前橋エリア店舗
  桐生・みどり市エリア店舗
  埼玉エリア店舗
  店舗紹介
  ネットショップ
  社内研修制度
  先輩方のメッセージ
  募集要項
  独立支援制度
  よくある質問
  ヴィラルーチェ
  ナインハイツ
  フェリストモ
  フレグランス
  店舗紹介
  ネットショップ
 
Copyright 2014 Fine Group. All Rights Reserved.