お薬とゴルフの事ならファイングループにお任せ!地域の皆様の健康づくりにご奉仕いたします。
プライバシーポリシー
 

   
 
 
春はなぜ眠くなる?

 

寒い冬が終わりポカポカ暖かい日が続きついウトウトしてしまいます。

中国の詩人、猛浩然も

春眠暁を覚えず(しゅんみん あかつきを おぼえず)

と1200年ほど前に言っており、昔から春は眠くなる季節という

認識があったようです。

 

 

暖かいから眠くなるだけでは?と思う人もいるでしょう。

では、冬に暖房をかけて適温にしたところで

ここまで眠くなるでしょうか?

 

 

春に眠くなる原因は

「気温の上昇が自律神経に影響を与えるから」と考えられています。

 

 

自律神経とは交感神経(興奮・緊張したときに活発になる神経)と

副交感神経(休息時やリラックスしたときに働く神経)のことです。

 

 

気温が下がると交感神経が働き、血管を収縮させ、熱を逃がさないように働き、

気温が上がると副交感神経が働き、血管を広げ、熱を放出して

体温を一定に保っています。

 

 

冬は寒く交感神経が優位に働いていますが、

気温の上昇とともに、急な副交感神経の優位状態が起こりやすく、

この時に強い眠気を感じると考えられています。

 

 

また春は気温差が大きく、

自律神経はその変化についていくために必死に働きます。

頻繁に交感神経と副交感神経の優位状態が入れ替わり、

それが追い付かなくなると自律神経の乱れが生じます。

 

 

自律神経は昼と夜で体のリラックスと緊張状態を

切り替えるという働きも担っています。

 

 

自律神経の働きのリズムが狂えばこの切り替えにも影響し、

本来交感神経が優位で緊張状態で活動するべき昼間に、

副交感神経優位のリラックスモードになってしまい、

強い眠気を誘うという可能性もあります。

 

 

対処方法としては、まず起きたらすぐに日の光を浴びましょう。

 

 

起床後に明るい光を浴びると、

体内時計がリセットされてメラトニンの分泌が止まります。

 

 

眠いときには仮眠をとりましょう。

適度な仮眠(15~20分程度)は眠気の解消のほか、

脳が緊張した状態をリラックスさせ、

作業効率や集中力の低下を抑えてくれます。

 

 

ただし30分以上の仮眠は脳が休憩をとる体制を準備してしまうので

かえって眠くなります。

 

 

自律神経の働きを整えるために規則正しい食事や睡眠、

適度な運動をしましょう。

 

 

しかし睡眠をしっかりとっているはずなのに、頻繁に居眠りをする、

疲れが全くとれていない、季節を問わず日中に強い眠気を感じる、

休日に12時間以上も眠ってしまう方は、

鬱や睡眠時無呼吸症候群など別の病気が隠れている可能性があります。

 

 

日常生活に支障をきたす日中の強い眠気、

居眠りが続く場合は一度医師に相談しましょう。



2015年03月10日気になるカラダに効く話

 
節分に関する"マメ"知識

 

 

2月のイベントと言えば、真っ先にバレンタインが思い浮かぶ2月です!

 

 

しかし伝統が長く周知されているのはやはり

 

 

「鬼は外、福は内」

 

節分のイラスト「豆まき 枡」

 

そう、豆まきです

 

 

 

この時期に行う豆まきの風習、

実は東洋医学に通じる歴史があるのはご存じでしょうか?

 

 

 

 

そもそも節分とは何?

 

「節分」とは四季を分ける節目の日、

つまり季節の変わり目のことです。

立春・立夏・立秋・立冬の各前日のことで1年に4度あります。

中でも大寒の最終日である立春(2月の3日、または4日)は、

寒い冬の終わりが見え、草木が芽吹く1年の始まりとして重視されていました。

その結果、立春前日がいわゆる「節分」として定着していきました。

 

 

 

次に、なぜ鬼を追い出すのでしょうか?

 

 

 

「季節の変わり目は体調を崩しやすいんです・・・」

 

 

 

と相談を受けることが多々ありますが、

昔は季節の変わり目には鬼(邪気)が生じ、

それが体調不良の原因と考えられていました。

そのため、平安時代の宮中では、節分に陰陽師(おんみょうじ)によって

鬼(厄)をはらう「追儺(ついな)式」が執り行われていました。

現在でも節分祭で有名な京都の吉田神社では、

四つ目の仮面をかぶった鬼を陰陽師が祭文を読み上げて追いはらう追儺式が行われています。

節分に鬼を追い出すのはこのような由来があるようです。

 

 

 

最後の疑問はなぜ豆をまくのでしょうか?

 

 

諸説ありますが、豆は「魔滅(まめ)」に通じ、

無病息災を祈る意味があります。

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、

毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、

鬼を退治できたという話が残っており、

「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて

「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

 

 

また東洋医学の基本でもある「陰陽五行説」は、

万物を「陰」「陽」に分け、

「木・火・土・金・水」の5つの要素によって世界が成立していると考えます。

陰陽五行説では、豆や鬼、疫病は「金」にあたり、

相克の理論で「火」は「金」に勝つのとされています。

豆を火で炒ることで、鬼や病に打ち勝つという意味になります。

つまり、炒り豆は鬼や疫病に打ち勝つ象徴と考えられます。

豆まきに使用するのはこのような理由で炒った豆になります。

 

 

 

ちなみに、炒らずに生の豆をまくと、

相克の意味もなくまた拾い忘れた豆から芽が出る可能性があり、

縁起が悪いとされるのでご注意を!

 

 

 

また熱を加えない豆は食すと下痢を起こす為、

豆まきの後に食べることも考えると、

炒った豆をまくことはすべてにおいて理由があることがわかります。

 

 

 

寒さは続きますが、カラダの邪気を打ち払い、健康な日々を過ごしましょう!



2015年02月05日気になるカラダに効く話

 
低温やけどにご注意を

新年明けましておめでとうございます

 

 

寒気も益々強まり、暖房器具が活躍する季節となりました。

暖房を使用の際に注意していただきたいことが1点

 

 

低温やけどという現象です。

 

低温なのにやけど?

 

言葉にピンとこない方もいらっしゃるでしょうが、

皮膚の深部までダメージを負ってしまう実は危険な症状です。

 

では具体的に低温やけどとはどのようなものなのでしょうか?

 


熱い鍋やお湯に触れれば熱い、痛いなど、

よほどの事情がない限り、触れれば反射的に手を引っ込めます。

このため、皮膚と高温の熱源が触れる時間は短いのが普通です。

一瞬しか高温熱源に触れなければ損傷される部分は手の表面のみになります。

 

 

しかし、長い時間熱源に触れていれば損傷はどうなるでしょうか?

表面だけでなく、深い部分にもやけどを負うことになります。

低温の熱源に触れた場合、ほんの少し熱いと感じても、

反射的に手を引っ込めたりすることはなく、そのまま熱源に触れっぱなしになってしまいます。

 

 

低温の熱源でも、皮膚が触れれば、当然皮膚は暖められます。

長時間にわたって皮膚と接触していれば皮下組織(皮下脂肪)も暖められます。

低温といっても42度以上であれば組織の変成・損傷を起こすには十分な温度です。

 

 

皮膚には血管が多く、熱が溜まったとしても血液により冷却されます。

そのため低温熱源ではさほど温度が上がりません。

しかし皮膚の下の組織は血管が少なく、熱が長時間にわたって蓄積され、

実はダメージを受けます。

 

 

低温やけどの恐ろしいところは

最初は皮膚には大した事がないように見え、痛みもないのに、

時間の経過とともに皮膚が死んでいく(ヤケドが深くなっていく)ことです。

はじめは赤くなったり水泡が出来るだけですが、

熱源の接触時間が長いために、体の深い部分に損傷を負っていることが多々あります。

壊死が広範囲であれば皮下組織が壊死を起こし最終的には皮膚も壊死を起こします。

 

 

低温熱源としては、

湯たんぽ

カイロ

ストーブ

ホットカーペット

温風ヒーター

上記のものが代表的です。

本来ちょっと触ったくらいでは熱傷の原因にならないものが多いです。

 

 

低温やけどを起こしやすい要因として、

熟睡している

体が不自由である

知覚鈍麻(熱さや冷たさを感じにくい)

泥酔している

一酸化炭素中毒で意識がなくなってしまっている

糖尿病による血液の循環不良

新生児や乳幼児

上記のような状態の場合は低温やけどに注意です。

 

 

低温やけどを起こしやすい部位は

かかと

くるぶし

すね

が主で、皮膚の直ぐ下に骨があるところは要注意です。
 

 

 

低温やけどの予防としては以下の3点です。

1.寝ているとき生じる低温やけどの大半は湯たんぽによるものです。適正使用を心がけましょう

2.体の同じ部分を長時間、暖房器具に触れさせないようにしましょう

3.暖房器具を使用する人の状態によっては、周囲の人が配慮するようにしましょう

 

 

 

寒い日は続きますが、風邪に気を付けましょう!!



2015年01月16日気になるカラダに効く話


4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
 
  基本理念
  企業概要
  沿革
  アクセスマップ
  お問い合わせ
  リンク
 
  ファインファーマシーとは
  館林・邑楽エリア店舗
  太田エリア店舗
  前橋エリア店舗
  桐生・みどり市エリア店舗
  埼玉エリア店舗
  店舗紹介
  ネットショップ
  社内研修制度
  先輩方のメッセージ
  募集要項
  独立支援制度
  よくある質問
  ヴィラルーチェ
  ナインハイツ
  フェリストモ
  フレグランス
  店舗紹介
  ネットショップ
 
Copyright 2014 Fine Group. All Rights Reserved.