お薬とゴルフの事ならファイングループにお任せ!地域の皆様の健康づくりにご奉仕いたします。
プライバシーポリシー
 

 
2024年05月(0)
2024年04月(0)
2024年03月(0)
2024年02月(0)
2024年01月(0)
2023年12月(0)
2023年11月(0)
2023年10月(0)
2023年09月(0)
2023年08月(0)
2023年07月(0)
2023年06月(0)
2023年05月(0)
2023年04月(0)
2023年03月(0)
2023年02月(0)
2023年01月(0)
2022年12月(0)
2022年11月(0)
2022年10月(0)
2022年09月(0)
2022年08月(0)
2022年07月(0)
2022年06月(0)
2022年05月(0)
2022年04月(0)
2022年03月(0)
2022年02月(0)
2022年01月(0)
2021年12月(0)
2021年11月(0)
2021年10月(0)
2021年09月(0)
2021年08月(0)
2021年07月(0)
2021年06月(0)
2021年05月(0)
2021年04月(0)
2021年03月(0)
2021年02月(0)
2021年01月(0)
2020年12月(0)
2020年11月(0)
2020年10月(0)
2020年09月(0)
2020年08月(0)
2020年07月(0)
2020年06月(0)
2020年05月(0)
2020年04月(0)
2020年03月(2)
2020年02月(0)
2020年01月(0)
2019年12月(1)
2019年11月(2)
2019年10月(2)
2019年09月(1)
2019年08月(1)
2019年07月(1)
2019年06月(2)
2019年05月(1)
2019年04月(2)
2019年03月(2)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(3)
2018年10月(2)
2018年09月(2)
2018年08月(3)
2018年07月(3)
2018年06月(2)
2018年05月(2)
2018年04月(4)
2018年03月(3)
2018年02月(3)
2018年01月(5)
2017年12月(6)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(4)
2017年08月(2)
2017年07月(3)
2017年06月(6)
2017年05月(5)
2017年04月(10)
2017年03月(19)
2017年02月(2)
2017年01月(1)
2016年12月(3)
2016年11月(1)
2016年10月(3)
2016年09月(2)
2016年08月(3)
2016年07月(0)
2016年06月(1)
2016年05月(1)
2016年04月(0)
2016年03月(2)
2016年02月(0)
2016年01月(0)
2015年12月(0)
2015年11月(1)
2015年10月(1)
2015年09月(2)
2015年08月(0)
2015年07月(2)
2015年06月(2)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(1)
2015年02月(2)
2015年01月(1)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年10月(4)
2014年09月(5)
2014年08月(7)
2014年07月(36)
 
 
 
【第28回】 目薬の使い方
目薬の使い方

花粉症の治療やドライアイなどで目薬(点眼薬)をお使いの方、上手にさせていますか。 正しいさし方をチェックしましょう。

 

■基本のさし方


最初に手を洗ってから、指で下まぶたを軽く引き、1滴を確実に点眼します
(2~3滴の場合もありますので、医師または薬剤師の指示に従ってください)。
※2種類以上の目薬を使う場合は5分以上間隔を置きましょう。順番は、特別に指示がなければ   
  水溶性点眼薬 → 懸濁性点眼液  → 点眼後ゲル化 → 眼軟膏 の順に点眼して下さい。
  順番が良くわからいときは、良く効かせたいものを最後に使用して下さい

点眼後は、数分間静かに目を閉じます。軽く目頭を押さえると苦味を感じないほか、副作用予防にも効果的です。

目から流れ出た目薬は清潔なティッシュペーパーなどで拭いてください。
(緑内障の点眼剤の一部は顔を洗う、濡れたタオルで拭くなど、しっかりとあふれた薬液を取り除く必要があるものもあります)

 
ほかにもこんなさし方があります。自分に合った方法をお試しください。
 

■げんこつ法


片方の手でげんこつを作り、下まぶたを引きます。げんこつの上に目薬をさす手を固定して点眼します。

  • ご自分で目薬をさすのが困難な場合は、点眼補助具なども市販されています。
  • コンタクトレンズをつけたままの点眼は、レンズのタイプや点眼薬の種類によって、控えたほうがよい場合があります。医師や薬剤師にご相談ください。
  • 点眼剤の使用期限は開封後、一般的には1か月となっています。残しておいて後で使用することは衛生面、また品質面でも安全とは言い難いので、開封後1か月以上して使用しないものは廃棄をお勧めします。また保存に関しても冷所の物、常温でないといけないものがあり保存に関しても薬剤師に必ず確認して下さい。 

 



2014年07月23日気になるカラダに効く話

 
【第27回】子どもの肌トラブル  ②水イボ

気温が上がり、湿度が高くなるこれからの季節に増えてくる子どもの肌トラブルが「とびひ」と「水いぼ」です。
今回は 『水イボ 』 についてご紹介します。

「水イボ」ってどんな病気?

表面に光沢があって、やや硬く、イボの真ん中がくぼんでいるのが特徴です。
触ったり引っ掻いたりすると、イボがつぶれて中のウィルスが飛び散り、体のあちこちに感染します。良性のウイルスなので体に悪さをすることはなく、一度免疫がつくと出来なくなる場合がほとんどです。



どんな治療をするの?

専用のピンセットでイボをとり除く治療が一般的ですが、放置しても半年位で自然に治ることが多いようです。人への感染が心配な場合や、見た目が気になる場合は増える前に取ってしまった方が良いかもしれません。

感染を防ぐには?プールに入らない方が良い?

水によって感染することはありませんが、肌と肌が触れ合ったり、ビート板などから感染する恐れがあるため、幼稚園によっては、プールに入る前に治療を求められることがあります。タオルなどの共用は避け、プールに入った後は体をきれいに洗い流しましょう。

 



2014年07月23日気になるカラダに効く話

 
【第26回】子どもの肌トラブル  ①とびひ

気温が上がり、湿度が高くなるこれからの季節に増えてくる子どもの肌トラブルが「とびひ」と「水いぼ」です。
今回は 『とびひ』 についてご紹介します。

「とびひ」とは?

皮膚に潜んでいる細菌が、すり傷や虫さされなど皮膚に出来た浅い傷に入り込むことで起こります。かゆみを伴う水ぶくれや、かさぶたが出来、そこを触った手で体の他の部分を触ると、あっという間に全身に広がります。
湿疹やあせもと似ていますが、皮膚がじゅくじゅくしたり、日に日に広がって行く場合は要注意です。原因は黄色ブドウ球菌や化膿性連鎖球菌があり、多くの場合は前者が原因菌となります。



どんな治療をするの?

抗生物質の入った軟膏を塗り、子どもが触らない様にガーゼと包帯で密封してしまいます。範囲が広い場合やなかなか治らない場合は飲み薬を併用します。
放っておくと重症化することもありますので早めのに病院を受診しましょう。

日常生活で注意することは?

患部を触らないこと、皮膚を清潔に保つことが大切です。
保育園や幼稚園に登園するときは,患部を包帯やガーゼで覆い、他の子に移さない様に注意しましょう。
また兄弟がいる場合はタオルや衣類は共用しないよう注意して下さい(タオル、衣類を介しての感染の危険性があります)。爪を切り、手を清潔にすることでもとびひのリスクは減らせます。特に鼻の中には黄色ブドウ球菌が多数存在するので鼻をよくいじるお子様は手をしっかり洗うことが予防につながります。

 



2014年07月23日気になるカラダに効く話


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
 
  基本理念
  企業概要
  沿革
  アクセスマップ
  お問い合わせ
  リンク
 
  ファインファーマシーとは
  館林・邑楽エリア店舗
  太田エリア店舗
  前橋エリア店舗
  桐生・みどり市エリア店舗
  埼玉エリア店舗
  店舗紹介
  ネットショップ
  社内研修制度
  先輩方のメッセージ
  募集要項
  独立支援制度
  よくある質問
  ヴィラルーチェ
  ナインハイツ
  フェリストモ
  フレグランス
  店舗紹介
  ネットショップ
 
Copyright 2014 Fine Group. All Rights Reserved.